ALFEE

書写真展にいってきたはなし

更新日:

スポンサーリンク

マヤの暦によると、昨日人類滅亡と言われてましたね
オーストラリアの首相の人類滅亡の記者会見が、YouTubeにあがってました

【The End of the World The Prime Minister of Australia】(字幕なし)

日本でこのようなことをやると冗談じゃすまなくなりますが、
ユーモアのある首相って余裕があって素敵と思ってしまうナミです

今回は今開催中の

書写真展にいってきたはなし

今回行ってきたのは、
京橋のIsland Galleryで12月15日(土)~26日(水)まで開催されている

坂崎幸之助書写真展 /
気ままな寄り道~石垣島から秋ツアーへ もうひとつの旅
 です

書写真展

坂崎さんは、ミュージシャンとしてじゃなく写真家としての顔ももっています

実は写真集も何冊か出版されています

この書写真展も過去に何回か開催されています

なぜ、写真展でも 展でもなく、
書写真展なのかというと、
写真のタイトルを坂崎さん直筆で書かれていて、
同じ額縁内に展示されているからです

実際はどんな感じで展示されているかというと、Island GalleryのHPで見ることができます

今回石垣島の撮影に使われたカメラは、

「ほぼSIGMAのSD1 MerrillとDP1 Merrill、DP2 Merrillと言う、
超高解像度を誇るモンスターカメラ」(Island Gallery HPより)

スポンサーリンク

ということで、とにかく色彩がきれい

写真はどうしても人間の目で見る色と、撮影した色に誤差がでてしまいます

きれいな夕焼けを撮ったつもりなのに、プリントした写真を見て、
がっかりしたことがある人は多いのではないでしょうか?

その誤差を埋めるために、Photoshopなどのソフトで補正をかけることも多いと思います

このカメラは、有効画素数46メガピクセルに加え、rawデータでも撮影できるすぐれもの

ちょっとここで jpegとrawの違い

RAWとは、
デジタル一眼カメラや上位モデルのデジタルカメラの写真の保存形式のひとつです。
カメラに搭載されている、CCDやCMOSなどの撮像センサーからの出力信号を、
”RAW(「生」または「未加工」)"に近い状態で保存したファイル形式です。

もうひとつの代表的な写真保存形式であるJPEGは、
色補正の処理をカメラが行った後、つまり「加工後」の状態であり、
非可逆圧縮のファイル形式です。」
adobe Photoshop magajine 「RAW現像とは?」より)

rawデータだと、jpegデータでは難しい白とびや黒つぶれの復元が可能だったり、
実際の見た目に近い色合いに補正することも可能です
しかも、無劣化

その他の特徴は、adobe Photoshop magajine 「RAW現像とは?」まで

おっと、はなしを書写真展に戻します

まだ会期中ということで、詳しいことは書きませんが、
展示してある写真で特にきれいだったのが、青い空

まるで絵具で塗ったようににごりのない空が印象的でした
写真を見ていたら、心が洗われるような気がするくらいきれいな青い空と海でした

写真は、石垣島のものだけじゃなく、サブテーマ「”気配”半径1メートル以内」ということで、
坂崎さんの身近なスナップもたくさんありました
普段は見ることのできない写真なので、いろいろな意味で面白かったです

今日は平日ということもあり、ゆっくり見ることもでき、
スタッフの方から写真撮影時のエピソードなどもたくさん聞くことができました

壁には坂崎さん直筆のいたずら書き(?)もあり、それを捜すのも面白かったです

残念ながら、このいたずら書きは展示が終わると消すということなので、
この機会を逃すともう見れなくなるそうです。(もちろん撮影禁止)
もったいないなぁ。

アングルが面白いものがたくさんあり、
入場無料なので新しくなった東京駅に行ったついでにのぞいてはいかかでしょうか?

展示作品は販売もしています

最後に、壁に貼ってある写真、
つっこんじゃいけないと思いつつ、ついつっこんでしまいました。ごめんなさい

ad

ad

【おすすめ記事】

-ALFEE
-,

Copyright© PODEMOS RESOLVER , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.