日記

いいえ、長岡大花火大会です

更新日:

スポンサーリンク

夏休みにはいり、これから各所で花火大会が開催されます
東京では、今週開催される隅田川花火大会が有名です

私は「日本一の花火大会は隅田川花火大会ですか?」と聞かれたら
こう答えます

いいえ、長岡大花火大会です

今回は日本三大花火大会のひとつと言われているのに、
あまり知名度が高くない長岡花火大会のはなし

正三尺玉

*昨年の三尺玉写真

長岡大花火大会とは?

尺玉100発

*写真は、昨年の尺玉100発

毎年8月2、3日に新潟県長岡市で開催される花火大会
昨年の来場者数は2日間合計89万人

一日に約10,000発の花火があがり、
なかでも正三尺玉が1日に2発もあがる花火大会はこの花火大会のみ(たぶん)

ほとんどの打ち上げがスターマイン(速射連発花火)で構成され、
尺玉100連発の打ち上げもあり

毎年曜日に関係なく8月2、3日に日程が固定されているのは、
昭和20年8月1日の長岡空襲の慰霊の為です

花火大会のスポンサーは地元の企業ですが、
個人でも出資すれば自分の花火が打ち上げることができます
(今年は「長岡高校昭和47年卒しなの会」など)

長岡市の企業と市民が一体となって開催される花火大会です

*参照:長岡まつり協議会じゃらん 長岡花火大会

新潟県中越大震災復興祈願花火フェニックス

フェニックス

*写真は昨年のフェニックス

2004年10月の新潟県中越大震災で長岡は甚大な被害に見舞われました

その時に世界中の人々から復興の為のご支援を多く頂きました
その感謝と復興のシンボルとして打ち上げられる花火がフェニックス

半分倒壊し残った道も亀裂で波打つ状態の高速道路で実家に帰ったこと、
自分だけが安全地帯にいるという自責の念、
その時に見た光景や気持ちは一生忘れることができないでしょう

そういう気持ちもあり、私にとってフェニックスは特別な花火です

参照:復興祈願花火フェニックス

正三尺玉

正三尺玉とナイアガラ

スポンサーリンク

*写真は昨年の正三尺玉とナイアガラ

花火の大きさは打ち上げ前の玉の大きさであらわします
(打ち揚げ筒の内側の太さであって、
実際の花火玉の直径はこれよりも若干小さくなります)

1尺は約30.303cm

普通の花火大会では、
直径約6.06cmの二寸玉(2号玉)から直径約60.6cmの二尺玉があがります

でも、長岡は日本でも珍しい3尺(約90cm)があがります

以下の3枚の写真は、長岡駅にある花火の模型です

尺玉比較_01
*3寸玉~1尺玉までの比較

尺玉比較_02
*1尺玉~2尺玉までの比較

写真を見ていただけたら、2尺でも大きいのがわかると思います

三尺玉中身
*3尺玉のなかみ

正三尺玉が打ち上げられると、
上空600mの高さに直径550mの花がさきます
(参照:花火玉の大きさのいろいろ)

正三尺が開花すると、今までの花火と違いお腹にずしんとした衝動を感じ、
ガラスも衝動でビリビリと揺れます

これが1日に2回、打ち上げ前にサイレンを鳴らし打ち上げられます

このすごさは、実際見てみないと体感できないと思います
ぜひ一度は実際に見て欲しいと思います

家でも見れます

そうはいってもなかなか現地まで行って見るのは大変です
そんなあなたの為にユーストリームでも中継しています

*現在昨年のダイジェストが見れます
*正三尺玉は、約5分24秒付近

花火の解説もわかりやすく、こちらの中継がオススメ

私も見に行けない時は、この中継を必ず見ています

実際の迫力にはかないませんが、
遠く離れていても長岡花火大会が見れるのは、いい時代になったものです

越後長岡NAVI

posted with ポチレバ

ad

ad

-日記
-

Copyright© PODEMOS RESOLVER , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.