おでかけ日和 グルメ情報

おでかけ日和 in 神田・お茶の水で紹介されたお店をまとめてみた

更新日:

スポンサーリンク

9月7日のおでかけ日和は、神田とお茶の水の紹介でした

神田明神の他に、
お茶の水ソラシティや落語カフェや絶品デザートの紹介もありました

粋でいなせな世界に私も浸ってみたい

ということで、今回も自分用のメモを兼ねた

おでかけ日和 in 神田・お茶の水で
紹介されたお店をまとめてみた

神田明神

神田明神

神田祭りで知られる約1,300年の歴史を持つ古社
神田、日本橋、秋葉原、大手町など108町会の氏神様
江戸時代には、「江戸総鎮守」として守護されました

本堂の裏手には、銭形平次の碑があります

「銭形平次捕物帳」の主人公である平次親分が
神田明神下の長屋に住んでいたという設定だったので、
昭和45年に碑が建てられました

隣には、子分の八五郎の碑も建っています

今は岡っ引きの「銭形平次」より、
ルパン三世の銭形警部の先祖といった方がわかりやすいかも

天野屋(あまのや)

神田明神の参道入口にある1846年創業の老舗甘酒屋さん

お店の地下6mには米麹などを作るための土室(むろ)があり、
現在でも江戸当時と変わらない製法で手作りされています

オンラインショップでは、
塩糀セット、合格甘酒や甘酒まんじゅうなどを購入できます

紹介されたのは、
米麹とお米だけで作られた甘酒 400円

甘酒の甘味の成分はブドウ糖、
その他にビタミンB郡や必須アミノ酸が豊富に含まれています

江戸時代は夏の栄養ドリンクでした

御茶ノ水ソラシティ、ワテラス

2013年4月12日グランドオープンしたばかり複合施設

お茶の水の駅聖橋口の目の前にあります
ワテラス2階にあるギャラリー&ライブラリーは、
展示がないときには読書が楽しめるフリースペースになります

紹介されたのは、
御茶ノ水ソラシティ地下1階にあるお茶ナビゲーション

お茶の水界隈の観光ポイントを検索できる無料スポットです
タッチパネル画面にでる地図に自分が行きたい周辺をなぞるだけで
それだけでオススメスポットを教えてくれます

調べた結果は、無料プリントのサービス(1枚のみ)を受けられます

おりがみ会館

1972年設立
折り紙講習会や手染め体験をすることもできます

運営しているゆしまの小林は、
和紙染色加工のお店として1858年創業の老舗です

住所:東京都文京区湯島1-7-14
営業時間:午前9時30分から午後6時
定休日:日曜・祝日

神田まつや

創業1884年の創業の食通でも知られる
池波正太郎さんも通ったことで有名なおそばの名店

紹介されたのは、
そば粉100%のそばがき 1,000円、
そばつゆ用のかえしをタレに使った焼き鳥 750円、
もりそば 600円、ごまそば 750円

もりそばには、本来わさびとのりがつきません
ざるそばには、戦後わさびとのりがつくようになりました
おつゆももりそばとざるそばでは本来違います

最近では、区別してだしているお店はないそうです

まつやさんでは、
昔のながりからそば本来の味を味わってほしいということで、
もりそばにはわさびとのりをつけないそうです

神田ちょん子

江戸の人々が好んだ「江戸好み」の小物を扱うお店

紹介されたのは、
すごく小さいけど機能はばつぐんのにくいやつ豆大工道具 17,800円
ポケットに入る位小さい豆花鋏 3,900円
上から見ると花火のようにひっくり返すと富士山に見える
江戸切子(逆さ富士山) 4,400円
ひっくり返すと2人の名前が入っていて結婚のお祝いなどで配られる
寿会和(あわ)せ札(桐箱入り) 10,000円

住所:千代田区神田須田町1-11-12-101

落語カフェ

店内には、本屋DVDなど落語に関するアイテムが並ぶカフェ
夜は気軽に落語の高座が楽しめる実演スペースになります

住所:千代田区神田神保町2-3 神田古書センター5階

インドレストラン マンダラ

カレーの激戦区の神田で、「神田カレーグランプリ2012」優勝店

今回紹介されたのは、
カレーの紹介ではなく裏メニューのデザート
揚げナンのバニラアイス添え 550円
*ディナータイムのみ

まかないでナンにアイスをつけて食べたところ、
すごく美味しかったところから開発された裏メニュー

その他のグルメ情報の記事は、グルメ情報まとめまで

関連コンテンツ



-おでかけ日和, グルメ情報
-,

Copyright© PODEMOS RESOLVER , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.