調べてみた

チワワでもわかる格安SIM入門

投稿日:

スポンサーリンク

最近よく聞く言葉に「格安SIM」があります

格安SIMを使うと、「スマホの料金が安くなるらしい」ということなんですが、
なんで安くなるのかとか、今までのスマホ本体は使えるのか?とか
わからないことばかり

子供がいるとスマホ代もかなりかかるしってことで、
格安SIMについて調べてみました

ということで、今回も自分用のメモを兼ねた

チワワでもわかる格安SIM入門

格安SIM

そもそもSIMって何?

Subscriber Identity Module(サブスクライバー・アイデンティティ・モジュール)の略で、
日本語にすると【加入者識別規格】です

また一般的にSIMと言われるのは「SIMカード」の事をいいます

「SIMカード」は通信サービスを提供する会社が発行する
「契約者(加入者)情報を記録したICカード」で
携帯電話機に差し込んで利用者の識別に使います

ようはスマホに入っているICカードのことです

このSIMカードは小さなICチップになっており、それぞれが固有の識別番号をもっています
通信事業社と契約する際に付与される電話番号が、
このSIMカードが持つ固有の番号と紐付けられる事により、通信が可能になります

つまりスマホやガラケー、タブレットなどのモバイル端末に差し込んで使用する
データ通信や音声通話などを行うために必要不可欠な「ICチップカード」となります

利用者の識別に使っているのでSIMカードを抜くと、
電話を掛けることも受電することも、データ通信をすることもできなくなります

けれど、端末としては機能しているので 無線LANに繋いだり Bluetooth接続をしたり
カメラを使ったり、電話やメール・データ通信以外のことはできます

なので、私は機種変した古いiPhoneはiPodとして再利用しています

「SIMロック」と「SIMフリー」の違い

SIMロックは、
購入をした携帯端末と同じキャリアのSIMカードでないと
利用ができないようにする制限されている状態

SIMフリーは、
購入をした携帯端末と異なるキャリアのSIMカードであっても
利用することができる状態です

iPhoneを例にとると、
・キャリアショップで販売しているiPhone → 「SIMロック版iPhone」
・Apple Store などで販売しているiPhone → 「SIMフリー版iPhone」

今使ってるスマホの端末に格安SIMを使おうと思ったら、
SIMフリーまたはSIMロック解除の端末じゃないと使えないってことなんですね

ちなみに各キャリアのHPではSIMロック解除ができる端末一覧がのっているので、
自分の端末がSIMロック解除か調べることができます

なんで安くなるの?

SIMのMVNO事業者は自社で通信設備を持っていないので、
それらをキャリアからレンタルして通信サービスを展開しています
基地局を整備や通信設備の増強やメンテナンスに対するコストがかかりません

また、データ通信量を必要な量に絞り、
端末代やメールサービスを付加しないことでサービス内容をシンプルにしています
なので、低価格での提供が可能となっています

安くするなら自分に合ったプラン選びが大事!

格安SIMに変更しようと思っているユーザーが求めるものとしては、
月額の利用料金を安くすることにあります

月額費用を安くするためには、
利用者が自分自身でスマホ料金の何にお金がかかっているのかを把握し、
適切なプランを選択することが大切です

その人の使用頻度や使用方法で大きくプランが異なり、
且つ最適なプランニングをすることが安くする最大のポイントとなります

以下格安SIM各社比較です

DTI SIM

『DTI SIM でんわ定額プラン』
通常2,270円/月 → 半年間1,480円/月
5分以内の国内通話が何度かけても通話料無料!
データ容量も3GB

『DTI SIM 半年お試しプラン』
データプラン   3GB 840円/月 → 半年間無料
データSMSプラン  3GB 990円/月 → 半年間無料

音声通話に対応していないデータ通信のみのプランも試せます

2台目のスマホやタブレットに使ってインターネットができればOKという方にお勧め

DTI SIM 基本LP

 

DMMモバイル

DMMモバイルはNTTドコモの回線を借りて運営しています

【DMMモバイルの特徴】

1.余ったデータ通信量を翌月へ繰り越せる
1ヶ月で使い切れなかった基本データ通信量は 翌月に繰り越し可能

2.バースト機能で低速時も快適
通常、高速データ通信を超過した場合やOFFに設定している場合には低速通信となります
DMMモバイルでは低速状態でもはじめの一定量だけ高速通信で読み込みを行う
「バースト機能」があるため、快適にインターネットを閲覧することができます

3.シェアコースで誰とでも通信容量を分け合える
一つの契約に対してSIMを複数発行することができるため、
データ通信量を分け合うことができます

DMMmobile

UQモバイル

CMでおなじみの格安スマホ 「UQ mobile」

【通話プラン】
無料通話もネットもコミコミ 1,980円/月(1年間)

どれだけ使ってもデータ消費ゼロ
節約モード(送受信最大300kbps)で、思う存分、SNS!

現在スマホデビューキャンペーン実施中!
オプションサービス最大3ヶ月無料

UQモバイル

mineo(マイネオ)

月々756円(税込)からスマホが使える【mineo(マイネオ)】

ドコモ回線、au回線をお使いの方なら、
mineoであなたのスマホ端末そのままで、スマホ代が安くなります
*対応機種はmineoサイトで要確認

mineoにしたら78%のお客様が携帯料金が安くなり、
そのうちの約半数となる38%が月額3,000円以上安くなったということです

mineo

LINEモバイル

LINEモバイルで購入した端末か、
SIMフリーまたはdocomoの端末であればSIMカードを入れて簡単な設定のみでご利用可能

【LINEモバイル限定サービス】
特定のサービスの通信量をカウントしない「カウントフリー」や、
LINEにトーク上でデータ残量を確認したり、
LINEの友達にデータプレゼントすることも可能です
LINEモバイルならLINEの年齢認証も可能です

【いつでもどこでもつながる安心】
docomo回線と同じエリアに対応。日本全国で繋がるので安心です。

【お子様の最初のスマートフォンに】
LINEモバイルならフィルタリングアプリを無償でご利用可能
通信量もLINEアプリから簡単に確認することができます

LINEモバイル

NURO MOBILE

【nuroモバイルの特徴】
1.docomo回線を使った格安SIMのため、広いエリアで通話や通信可能
docomoで購入した端末をSIMロックの解除不要で通話や通信を利用できるため、
docomoユーザーの2台目や乗換にとても便利です。

2.データプランがとてもシンプルで安価
 1GB刻みのプランで無駄のない自分に合ったプランを選べます
 1GB増量ごとに+200円という分かりやすいプランです

3.新容量プラン「時間プラン」がとてもお得
 時間プランの特徴・メリットは、月額2,500円(データSIM) で、
1日5時間分はどれだけ通信しても速度制限されることなく使い放題

4.新サービスパケットギフトがファミリーにお勧め!
パケットギフトは、自分の高速通信容量を
他のnuroモバイルユーザーにプレゼントできるサービス
家族でパケットと分け合えます

5.バーストモードはLINEやメール向け
バーストモードは、最大速度が200kbpsの低速に制限された状態でも
通信開始から 一定時間は高速で通信できる機能

一瞬のやり取りのLINEやメールでのやり取りは
低速時でもバーストモードで快適に利用可能です
NUROMOBILE

まとめ

上でも書きましたが、月額費用を安くするためには、
自分自身でスマホ料金の何にお金がかかっているのかを把握し、
通信速度をとるのか、通話エリアをとるのかなど、
自分にあった会社を選ぶのが重要です

関連コンテンツ



-調べてみた
-, , , , , ,

Copyright© PODEMOS RESOLVER , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.