TFCC損傷

TFCC損傷・1回目の手術 -手術当日- のはなし

更新日:

スポンサーリンク

どうもナミです
11月27日の検診で、約6カ月していたギプスが外れました
まだよく手が動きませんが、リハビリがんばります

と、いうことで今回は

1回目の手術当日のはなし

2010年9月1日

初めての手術だったので、
緊張していないようでしていたのか、何回も夜中に起きてしまいました

こんなことなら素直に眠剤もらえばよかったなぁと思いながら、
朝の6時に起きました

7時、絶飲開始

この時間から何も飲めないので、直前に冷たい麦茶をコップ一杯飲みました

本当はジュースかコーヒーを飲みたいところだけど、
全身麻酔の関係で絶食後は麦茶、またはお水しか飲めません

看護師さんが今までの「絶食プレート」「絶食・絶飲プレート」にチェンジ

いやがうえにも緊張してきます

しばらくして、エコノミー症候群を防ぐための白ストッキングをもらいます
いうなれば、医療用メディキュット

ひざ下から指先までおおわれ、しかも足に注射してもいいように足先がペロっと出るすぐれもの

これを履いて、血圧、体温を測るとしばらく放置になります

8時20分

9時からの手術の為、付き添いの家族到着

一人でいると、どうしても緊張感が高まってしまうので、
家族の顔を見るとほっとします

9時、移動開始

担当の看護師さんについて、手術室に徒歩で向かいます

家族も一緒に移動ですが、手術室に向かう途中にある手術待合室でさよなら

付き添ってくれた家族によると、
手術待合室のモニターに
何番の手術室は、誰が手術されているか(患者名)、
進行状況(手術中や麻酔中など)がわかるようになっていたそうです

ご飯を食べるなどの待合室を離れる時用に、ピッチの貸し出しもあり
なので、院内ならどこで待機してもOKだそうです

9時10分頃、手術室到着

腕の患者ベルト+口頭で患者名の確認

手術スタッフの方とあいさつ

手術台のある部屋に移動

移動して思ったのは、壁の色は淡い緑

補色の関係で手術室の色は緑が多いと聞いていたんですが、
本当に緑なんだ~と実感

それと、手術用の照明を見て、
ショッカーの改造台みたいだなぁと変なことを思ってました

と、これ位のことを思っている時に、右手の甲に点滴イン

これが長い針なもんで、痛い~
痛いうえに 「なんか液の入りが悪い」 なんていいながら、
針を刺した場所をもまれるので、ますます痛い

いっそ針を抜いてやり直してという間もなく、
手術台に寝かされます

腕を手術台に固定され、口にマスクを当てられます
「これから麻酔が効きやすくする薬を出します
これから10数えます。10数えた後も意識があった場合は教えてください」

10数える間に寝るわけないじゃん
1,2,3・・・・
覚えていたのは、3まででした。ミ( ノ_ _)ノ=3ドテッ!

ここからは、麻酔の関係で時間間隔があいまいです

たぶん3時40分

病室に戻ってきました

退院後の家族から聞いた話によると、一瞬一瞬は目が覚めて家族と話すのですが、
長く起きていることはできない状態だったみたいです

なにか家族と話したなってことは覚えていますが、
この時の状況はよく覚えていません

覚えているのは、シュゴー、シュゴ―っていう音
エコノミー症候群を防ぐため、足に空気圧をかけてむくみを防止する機械の作動音でした

それと、医師から手術の説明がありました
「内視鏡でTFCCを見たところ、穴が空いているうえ、
周りの組織もぐちゃぐちゃだったので再建術になりました
右側から骨を削って移植し、靱帯も移植して、TFCCを再建しました」
こんな感じの説明だったと思います

もっと詳しく説明があったと思いますが、麻酔で頭がもうろうとなっているので、
覚えているのはこの位です

一番大変な手術が靱帯再建術と聞いていたので、
これから大変だなと思ったのを覚えています

6時位

旦那が見舞いにきたので、たぶん6時位だと思います
仕事が忙しくって、見舞いに来ないと思っていた旦那登場

ここから痛みがでてきていたので、旦那の顔を見れてうれしかったです
いろいろ話したと思うのですが、
頭がはっきりしていなくて何を話したのかは覚えていません

たぶん8時前

旦那は病院嫌いのうえ、看病することもない手持ちぶたさの状態、
すごく居心地が悪そうにしているのを察して、帰ってもらいました
旦那にしては、よく付き添ってくれました

ここからが本当の戦いです

麻酔による頭痛、腕の痛みがひどかったです
痛み止めを処方してもらうんですが、痛みはひきませんでした

そのうえ、すごく喉が渇くのに、胃腸がまだ動き出さないということで、
水分もなかなか摂取できませんでした
水分が摂取できるようになった時は、かなりうれしかったです

いろいろな器具が付けられているので、寝がえりもできない状態
とにかく時間が過ぎるのが遅い
気晴らしにiPodで音楽が聞けるようにしてもらったんですが、
なかなか曲が頭に入らない状態でした

痛みと麻酔の影響かもうろうとする頭で、体感的には全然寝れない長い夜になりました

次のTFCC損傷のはなしは、「TFCC損傷・1回目の手術 -術後1日目- のはなし」

関連コンテンツ



-TFCC損傷
-, ,

Copyright© PODEMOS RESOLVER , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.