TFCC損傷

TFCC損傷・リハビリ中に剥離骨折しててーへんだったはなし

更新日:

スポンサーリンク

明日は予定があいたので、
邪悪なテディベア・映画『TED』を見に行こうかなと思っているナミです

公開初日の18日から3日間、
映画を見るとTEDのぬいぐるみが当たるかもしれないキャンペーンやってます
TEDグッズ欲しい~

さて今回は、なんでこんなことになったんだろうと思った

リハビリ中に剥離骨折しててーへんだったはなし

剥離骨折

剥離骨折とは

「骨に対して外力が直接働かず、筋・腱・靭帯などの牽引力によって、
その付着部の骨が引き裂かれて生じた骨折を指す」

ウィッキペディア「骨折」より)

2011年7月3日日曜日

ケロイドを治すために飲んだ「リザベン」のダメージが薄れ、
2011年5、6月はリハビリしつつ、ライブに行ったりと普通に暮らしてました

悪魔が近寄っていたのも知らずにね・・・

前日友人と遊んでいて、いささか浮かれていたのかもしれません
術後10カ月ということで、油断していたんでしょう

お風呂に入って、体を洗おうと椅子に座ろうとした瞬間
つるっと後ろに滑りました
バック転状態です

ぎゃ~、このままじゃ頭打つ

と、この時何を思ったのか、
絶対体重をかけちゃいけない
左手で体を支えました

左手首から、
パキって音と同時に激痛が走りました

ただでさえ重い体重なのに、
それをよりにもよって手術した手で支えたらただで済むわけがありません
やばいことになったのは、わかってました

でも、寝れば少しはよくなるかと思い、
この日は痛み止め入りの湿布をして寝ました

2011年7月4日月曜日

痛みは全然ひかず、
あわてて主治医に電話
なんとか我慢できる痛みだったので、
主治医が担当の火曜日に予約をいれて、
ひたすら痛みを我慢してました

2011年7月5日火曜日

診察前にレントゲンを撮り、診断

手首の骨の真ん中が薄くなってる部分があるので、
剥離骨折の可能性がある
ただ、手術の為に骨を削った箇所なので、どちらか判断できない

装具をつけていれば大丈夫ってことで、
痛み止めと湿布を処方してもらいました
再建した靱帯が切れたって診断されるのが、
一番怖かったので安心しました

2011年7月26日火曜日

痛みが引ききってないなか、定期健診を兼ねた診察

診察前にレントゲンを撮ったんですが、
レントゲンを見た主治医が一言

「剥離骨折だったね」

今回は、ばっちり見えたそうです

でも、もう骨がくっつきかかっているので、装具固定のままでOK

おいおい、だったら前回受診した時にはっきり診断してよ~
と、思ったけどギプスつけての不自由な生活をしたくなかったので、
これはこれでよしかもしれません

この事が原因なのかわかりませんが、2011年9月に再手術することが決定しました

痛かったのはもちろんですが、なんであの時左手ついたかな
今まで転びそうになっても、左手をついたのはあの時一度だけ
悪魔が通ったとしか思えません
(ってそもそも転びそうになるなって事よね)

次回は、不正請求したわけじゃないのに精神がすり減った「保険屋とバトルしたはなし」

関連コンテンツ



-TFCC損傷
-,

Copyright© PODEMOS RESOLVER , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.