有吉くんの正直さんぽ

有吉くんの正直さんぽ in 浅草で紹介されたところをまとめてみた

更新日:

スポンサーリンク

2014年1月18日の有吉くんの正直さんぽは、
浅草の紹介でした

有吉さんは、
最初に寄った浅草寺でミスインターナショナルと集合写真を撮って、
めずらしく興奮していました

浅草は、
浅草寺を中心として1年中国内外からの観光客でにぎわう観光地
大通りから一歩裏に入ると地元の人しか知らない
隠れた名店がいっぱいあります

ということで、

有吉くんの正直さんぽ in 浅草で紹介された
ところをまとめてみた

雷門

佐藤

3年前にオープンしたカウンターのみ8席の
洋食屋さん佐藤

この道30年のオーナーシェフの佐藤さんが、
お客さんとの会話を楽しみながら料理を出したいとのことから
カウンターのみのお店にしました
浅草演芸ホールに近いことから、
噺家さんが来ることも多いです

食べたのは、
お店の看板メニュー、牛タンのやわらかさがたまらない
牛タンシチュー 1,600円
*日替わりランチで牛タンシチューの日は1,000円

牛タンのやわらかさの秘密は、
お肉の柔らかさと追求し、じっくり3時間以上は煮込んでいるから

味の決め手となるドミグラスソースは、
継ぎ足して作り続けることで深いコクとまろやかな味を実現しています
有吉さんたちが絶賛した美味しさです

みんなでシェアして食べたのが、
濃厚だけどしつこくない美味しさの
帆立マカロニグラタン 1,000円

グラタンのベースになるベシャメルソースは、
あえて柔らかく脂っぽくないさっぱりした味に仕上げるのに
試行錯誤のすえ完成させたものd

西浅草の名店紹介

お店には入りませんでしたが、
有吉さんたちが気になった名店の紹介

伝統の型にはまらない創作和食が評判のお店、
新日本料理 越後屋

1番人気は、
築地で天然の鯛を仕入れて作る石焼鯛飯 1,900円

住所:東京都台東区西浅草3-1-2

がっつりお肉を食べたいという方は、
桜島の溶岩プレートで焼く絶品の肉厚ステーキ・ハンバーグのお店
トンテキ元気

料理に使用する豚肉は、
鹿児島のブランド豚「かごしま黒豚」

看板メニューは、
黒トンテキ(200g) 1,000円
わさび醤油でさっぱりといただきます

住所:東京都台東区西浅草2-27-10

高橋総本店 洋食器店

割れない食器を販売しているということで入った
高橋総本店 洋食器店

割れない陶器と紹介されたのは、
フランスの大手ガラスメーカー
ゼニックスのお皿
*リンクは沖食器のゼニックスのページ

700度から20度へ一気に冷却することで、
落とした位では割れない傷もつきにくい強いお皿になります
クラッシャーのいる我が家では、ぜひとも欲しいお皿です

住所:東京都台東区西浅草1-4-7

福岡屋 3号店

大木さんに何かプレゼントを買うということで入った
福岡屋 3号店

このお店で、シェフの帽子とショートエプロンを買いました

住所:台東区西浅草1-5-17

世界の太皷資料館 太皷館

神輿や太鼓などの祭礼具の製造販売を行う
宮本卯之助商店
創業は江戸時代と古く
宮内庁や国立能楽堂、歌舞伎座などに楽器を納めています

宮本卯之助商店の4階にある
世界の太皷資料館 太皷館
*入館料:大人500円 子供(小学生)150円
*1階カウンターにて入館チケットを購入

世界でたぶんここだけという
約900点を所蔵している世界でも珍しい太鼓専門の博物館です
展示している世界の太鼓を実際にたたくことができます
*音符マークの付いている太鼓のみ

住所:東京都台東区西浅草2丁目1番1号

花月堂 雷門店

創業昭和20年ジャンボメロンパンで有名な花月堂の2号店
花月堂 雷門店

浅草を紹介する番組では、花月堂がよく紹介されます
他の番組で紹介された様子は、
「おでかけ日和 in 浅草 で紹介されたお店をまとめてみた」
『ヒルナンデスで紹介された「テレビ取材殺到のグルメベルト20」を
まとめてみた第11位~20位編』
まで

食べたのはもちろん名物の
ジャンボメロンパン 170円

通常の3倍もの時間をかけてじっくり低温発酵させることで
生地がきめ細かくなりふわふわの食感になります

八ツ時堂

2013年11月にオープンしたばかりの
ベーカリー八ツ時堂

自慢のコッペパンは米麹で発酵させているので、
かみしめると麹の甘みが口いっぱいに広がります

食べたのは、
コッペパンに焼きそばを挟んだ浅草ドッグ 300円
コッペパンに挟む焼きそばは、
出来立てにこだわり注文が入ってから炒めます
仕上げにフライドオニオンとピクルスをトッピングします

Cafe Latino(カフェ・ラティーノ)

よそでは食べられないカレーが食べられる
Cafe Latino(カフェ・ラティーノ)

アイスカレー 730円など珍しいカレーがあります
他では食べれないカレーを求め全国からお客さんが訪れます

カレーは本格志向で、
鶏がら・豚骨スープをベースにルーを作っています
そこに20種類以上ブレンドしたスパイスを入れて、
仕上げます

食べたのは、
いちごのスライスがライスの周りを飾っている
いちごカレー 950円
*予約制

ライスにもルーの中にもいちごが入っています
ルーの中のいちごは一個そのままの形で入っています

カレーのルーは酸味がありハヤシライス系の味
酸味がすごく不思議な味だそうです
(有吉さん達は別々に食べると美味しいのに・・・という感想でした)

HOMMAGE(オマージュ)

観音裏にあるフレンチレストランHOMMAGE(オマージュ)
オーナーシェフの荒井さんは、
フランスの3つ星レストランで修業後
地元の観音裏で開店しました
ミシュランガイドで2011年から2014年まで
1つ星を獲得している名店です

ディナーは、
6,300円、10,500円、15,750円の3コースのみです

食べたのは、
1人前10,500円のディナー
お料理とデザートで8皿前後+食後の飲み物

ディナーの内容は、
アミューズブーシュが
コロネ仕立てのフロマージュブランのキャビア添え、
ジャガイモのニョッキ、
サワラの焼き霜
フロマージュブランは熟成させないフレッシュチーズです

フォアグラのポワレ ハイビスカスとビーツのソース
フォアグラは、
味がはっきりしていて香りが強い鴨のフォアグラを使用しています

メインは、
子羊のベルシヤード 柚子みその香り

西オーストラリア産の子羊の背肉を焼き色が付けた後に
八丁味噌、竹炭の粉末をまぶしたパン粉を付けオーブンで焼いています

ベルシヤードとは、
パセリとパン粉、ニンニクのみじん切りを合わせたものを付けて調理したものです

羊は独特の癖があり食べる人を選びますが、
この子羊のベルシヤードは癖がなく食べやすいそうです

その他の有吉くんの正直さんぽの情報は、有吉くんの正直さんぽのまとめまで

関連コンテンツ



-有吉くんの正直さんぽ
-

Copyright© PODEMOS RESOLVER , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.